この新しい場所は、住宅地の中に存在する。このアートセンターを作るために、形を考えるだけではなく、周辺環境との関係を作り出した :

遠い山と繋がる場所 ...


プロジェクトの目的は、遠くの山々との新しい関係を作り出すことである。この盆地の形状は、山に近づくために、戸建住宅が接触した周辺環境から引き離すために、とても有効である。山々を眺めることのできる、同じレベルのいくつかのテラスを配置した。敷地の起伏に応じて、これらのテラスは建物の天井であったり、中庭の床であったりする。

桜の木は、日本の伝統的な祭りである花見として使うことができる。
外の高原は、演劇のステージとしても役に立つ。近隣の戸建住宅エリアの住民たちはその時、山々との関係で、新しい場所のように使うことができる。